シンガポール チャンギ空港の両替所で買ったSIMカードをソフトバンクiPhoneに入れたら快適通信できた!

シェアする

こんにちは、ジンです。

海外での携帯は、これまで安いSIMフリー端末を持っていき、現地SIMカードを挿入して使ってました。
安いしデータ量豊富な場合が多く、おススメです。
また、場所によってモバイルルータを借りる方が安くつく場合もあります。韓国に行った時は、モバイルルータが驚きの安さだったので日本で借りていきました。

ただ、いつも使ってないSIMフリー端末だと何かと不便だし、WiFiルータは荷物が倍になります。

というわけで、ようやく自分のiPhoneをSIMフリー化し、シンガポールで現地SIMカードを挿入、快適携帯ライフを過ごしましたのでまとめます。

iPhoneのSIMフリー化

iPhoneには、1つSIMカードを挿入できます。
SIMカードとは、IDみたいなもんでしょうか。
電話番号など、通信会社を利用するための情報が入ってる感じです。
それぞれの通信会社SIMカードを抜き差しすれば、それそれの通信会社のネットワークを使えるイメージです。

日本のiPhone、特に三大キャリアはこのSIMカードがロックされた状態です。
契約した通信会社でしか使えない状態です。ただし、それぞれのキャリアの条件下で、このロックを解除できます。
ロックを解除された状態をSIMフリー、と呼びます。
これ、世界的に言うようなので覚えておくべき単語です。

というわけで、契約するソフトバンクショップへ向かいました。

SIMフリー化したい(SIMロック解除したい)

そう伝えると、お店でやると3000円、自分でマイソフトバンクでやるとタダだよ、とアドバイスを受けます。

というわけで、
もちろんここは自分で。

方法はこちらで。

ソフトバンクで販売している製品を他社SIMで利用する場合についてご案内します。

手続き時点で次に使うSIMカードを持ってるか持ってないかによって、段取りが違うとこがポイントです。

僕の場合、旅行先のシンガポールで使う予定なので手続き時点では次のSIMカードはないため、iPhoneをリセットしiCloudのバックアップから復元する方法でやりました。

解除自体はすぐ終わりますが、バックアップと復元でそれなりに時間がかかります。
1時間程度は要しました。余裕のある時にやった方がいいですね。

特にトラブルもなく完了しました。

空港でSIMカードを物色する

海外で使えるSIMカードをアマゾンなどで購入することもできますが、なんとなく割高な気がしてます。それに、そんな計画的でもないので、いつも海外の空港に着いたらSIMカードを購入します。

特にアジアは安いのでこの方法かおすすめです。
クアラルンプールの場合はこんな感じ。

こんにちは、ジンです。 JGCプレミアへの最後の修行旅行にきました! マレーシア航空のビジネスクラスで、クアラルンプールです! 空...

今回もシンガポールなので、現地調達で。

空港に着き、制限エリアを出たらSIMカード売り場が通信会社ごとにたくさんあります。

ターミナル2の一角はこんな感じ。
各国、通信会社が複数あり悩みますが口コミなどであらかじめ決めておくと時間短縮です。

今回はシンガポール在住の友人おすすめのsingtelという通信会社のSIMカード狙いです。

singtelの売り場に向かうと、

一番安いのでこれしかないと言われます。

他社も安くて30ドル、約2,500円。
3日しか使わないのでルータ借りると同程度の金額です。

ちなみに各社こんな感じでメニュー表があります。
滞在日数と必要なデータ量などで選びましょう。
僕は日数とデータ量しか見ません。
データ量はだいたい余るほどついてるけど、一日1GBあれば余裕で余ります。

両替所でSIMカード発見!

singtel、もう少し安いのがあるはずが思わぬ高さだったのでどうしようと悩みつつ、とりあえず両替所へ向かうと、発見。

データ量100GBの7日間有効で、15ドル!
これです。狙ってたやつ。

即決します。

まずSIMフリー?
と聞かれました。
イエス、と答えると売ってくれます。
購入にはパスポートが必要です。
お金払うとSIMカードをもらえます。

通信会社のカウンターだとSIMカードの入れ替えまでやってくれることが多いですが、ここは両替所。
自分でやることになります。

ただ、iPhoneの脇にあるSIMカードホルダーを開けて、SIMカードを入れ替え、再起動するだけ、です。

1分で終わるので特に困りません。
トラブルあった時に備えて買った場所の近くで動作確認まで終えるのをおすすめします。

とかいいながら、僕はホテルへのタクシーの中でやりました。

singtel 使ってみて

快適そのもの。
たまに3Gになってますが基本は4G。
電車内(地下が多い)でも普通に使えました。ストレスゼロです。
ホテルのWiFiよりサクサク動くので、ホテルWiFi使いませんでした。

いつもの番号は電話アプリに転送

今まで海外でいつものiPhoneを使わなかっま理由は、ただ1つ、ソフトバンクの電話番号を受電したいから、でした。

現地SIMカードに入れ替えると、ソフトバンクが使えないですからね。

今回は、これを電話アプリを入れてソフトバンクから転送設定することで解決しました。

電話アプリはいろいろありますが、僕は有料の050plusにしました。

アプリで050から始まる電話番号をゲット、ソフトバンク側で電話が繋がらない時の転送先として設定します。

現地SIMカードにしても、アプリは使えるので受電可能になります。

ちなみにこれ、電話をかけてる人にとっては、IP電話050にかけることになるので人によっては通信量が変わります。

また日本の電話発信音のまま繋がるのでこちらが海外いると考えもせず普通に話してきます。

まとめ

はじめての自分のiPhoneに現地SIMカード。
何より普段と変わらない環境がよかったです。
持ち物も増えません。
また、ソフトバンクの電話もアプリを使うことで受電できて解決しました。
ソフトバンクの電話番号へのSMSなどは使えませんが、僕にとっては問題ないです。

またひとつ旅行が快適になる方法を覚えて嬉しいです。
ジンでした。

ブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大