羽田空港でワンワールドのラウンジをはしご!キャセイ とJALのラウンジ飯でお腹いっぱい!

シェアする

こんにちは、ジンです。

キャンセル待ちしてたJAL羽田金浦が無事確保できたので、ソウル旅行に旅立ちました。

ほぼ初ソウルなので観光も食事も楽しみですが、楽しみは空港から!

JGCプレミア獲得後の初海外、羽田でラウンジめぐりしました!

羽田のワンワールド系ラウンジは2つ

JALとキャセイパシフィック航空です。

ビジネスクラスやファーストクラス利用時はもちろんですが、JGC以上でワンワールド便利用なら搭乗クラスを問わずにどちらも使えます。

今回僕は、JALの特典航空券でエコノミー。

でも、搭乗券にはしっかりFirst loungeの文字。

JALでの搭乗手続きでは、JALのラウンジのみ案内されますが、キャセイ のラウンジも使えます。

どっちか一つではなく、どっちも使えます。

つまりハシゴできます。

修行を終えたばかりの身としてはいずれも行かねばなりません。

羽田はコンパクトなので、これまでは出発1.5時間前到着してましたが、今回はラウンジはしごのために3時間前到着で、はしごスタートです。

ラウンジの場所

羽田の入国審査からの出口は一箇所。

そしてラウンジはいずれも出て左にあります。

まず近いのは112搭乗口前。

ここにJALのメインのラウンジがあります。

サクララウンジ(04:30-2:00)とファーストクラスラウンジ(06:00-2:00)です。

そしてもう1箇所がさらに進んで114搭乗口付近。

ここにはいろんなラウンジがフロアごとにあります。

5階がJALのサクララウンジスカイビュービュー(06:30-12:30,21:00-01:30)。

6階がキャセイパシフィック航空のラウンジ(07:30-17:00)です。

まずはキャセイ

というわけでやってきました!

受付は搭乗券を渡すだけでOKでした。

6階の角に位置し、ペントハウス的になってるのでしょうか、受付過ぎると三面ガラス張りの大空間。

光が差し込んでとても明るく目眺めもサイコーです。

そしてステキなインテリアです。

フロアはスペースごとにダイニングやバー、リビング的なくつろぎスペースにゆるやかに分かれてます。

それぞれいい雰囲気で、どこでくつろぐか迷います。

ラウンジ飯 キャセイ 編

早速キャセイ のラウンジの名物、坦々麺が食せると有名なヌードルバーに向かいます。

カウンターでいろんなヌードルを注文できる、ってやつですね。

ラインナップはこんな感じ。

坦々麺、ワンタン麺、鶏ザーサイ麺、豚骨麺。

聞いていたラインナップと違うので、もしかしたら季節ごとにメニューが変わるのかもしれません。

そして、写真に結構主張して入っているロゴの通りこのラウンジはホテルオークラが運営しています。

そのオークラの名物がフワトロのフレンチトースト。

結果、こうなります。

2大名物を一度に食べます!

注文したとき、実に手慣れた様子でオーダーが伝えられたので、もはやお決まりのセットだと思われます。

味は、期待を裏切らないおいしさ。

坦々麺はコクがあるクリーミーなスープで辛味もしっかり。

フレンチトーストも、フワトロそのものでした。

ただ、坦々麺は量が少ないです。

普通のラーメン一人前の4分の1くらいな気がします。

エビグラタンとかも気になったのですがJALラウンジにも行かなきゃいけないので、デザートに進みます。

デザートは、中央にあるこじんまりとしたブッフェ台にあります。

ちなみに、ここにはサラダや前菜、パン類なども。量は少ないですが種類はそれなりにありました。


ここでは好きなものを自分でピックアップできます。

抹茶ババロアとあんみつ。(と、パン)

こうなります。

抹茶ババロア入りあんみつ!

このアレンジ、スタッフの方が教えてくれました。アイスクリームもあるので、クリームあんみつなんかもできますね。

キャセイ ラウンジ まとめ

写真の通り訪問した昼過ぎはお客さんが僕一人の時間もあるほど、少なかったです。

お昼時が、ちょうどキャセイ 便の合間になるようで、空いているとのこと。

混雑時も席数多いのでゆったり過ごせるとのことでした。

ご飯も美味しいし雰囲気よいし、来てよかったです。

JGCであればここはこれからも使えます。

修行してよかったです。

ちなみにトイレのアメニティはイソップでした。

JALファーストクラスラウンジ

はしご二件目は、JALへ。

JGCプレミアは今年度いっぱいの予定。

なので、もう幾度も来ることのないであろうファーストクラスラウンジに行きました。

フロア分けはこんな感じ。

受付すぎてラウンジエリアへはこんな道を。

期待が高まります。

抜けるとラウンジ、なのですがお客さんが多かったのでフロアの写真はないです。

代わりに公式情報を。

ご出発前のひとときを優雅に彩る 寛ぎに満ちた洗練の空間-羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ

全体的にゆったり落ち着いた雰囲気。

なんというか、JALって最大公約数的なデザインですよね。全体的に。

ラウンジ飯 JALファーストクラスラウンジ編

フロアの中頃にブッフェ台がまとまってあります。

鉄板スペースがありますが、残念ながら昼間はやってないようです。

メニューは上記リンク先で確認できます。

一回戦。

軽く前菜とサラダと冷製パスタ。

二回戦。

名物ビーフカレーと、スープストックトーキョーのオマール海老のスープ。
どっちも美味しかった!

カレーはテッパンのうまさですね。

が、明らかに食べすぎました。

なので散歩。

Red Suiteというファーストクラスクラスラウンジならでは、のエリア。

飛行機にまつわるギャラリー的な要素ありつつ、

高級感あるお酒たしためつつ(飲まないのでわかりません)

くつろぎスペースもありつつ、

ゲームもできるし、靴も磨けるよ(写真なし)というエリアでした。

男の書斎って雰囲気でしょうか。

なんだか、JALさん突き抜けたねって感じでした。

人いなかったです。

まとめ

ラウンジ飯二件はしご。

お腹いっぱいです。

エコノミーに搭乗する人は、ラウンジでお腹いっぱいにして機内食を控えめにもアリではないでしょうか。

おススメは断然キャセイ 。

満足感高くてこれぞラウンジって感じです。

JGCを維持する限り利用できるのも嬉しいですね。

以上、その後、機内食のオムライスも残さず食べたジンでした。

ブログ村

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大